管理人おすすめの乳酸菌はこれだ!

管理人イチオシの乳酸菌はこれだ!試す価値アリ!

まず先に言っておきますが

 

乳酸菌の良し悪し(効果)は人との相性で決まる

 

とされています。

 

 

また短期間乳酸菌を摂取しただけでは効果は実感しづらいので、はじめのうちはどんな乳酸菌でもいいので、乳酸菌を続けることを目標にがんばるといいと思います。

 

 

まずは乳酸菌摂取を続ける習慣をつけること!

 

乳酸菌の質にこだわるのはそれからで十分ですよ。


 

乳酸菌の質にこだわりたくなったら、この記事を参考にしてみてください。

 

管理人がおすすめする乳酸菌というか、乳酸菌摂取の方法は

 

自分で作るヨーグルトでの乳酸菌摂取

 

です。

 

 

 

その中でも特におすすめなのが

 

フジッコのカスピ海ヨーグルト

 

です。

 

 

 

市販ですでにできあがったカスピ海ヨーグルトではなく、理想は種菌のやつですね。

 

フジッコのカスピ海ヨーグルトには、クレモリス菌FC株が配合されています。
この乳酸菌自体効果(質)が高いのですが、自分で作るカスピ海ヨーグルトは最強だと自分は思っています。

 

 

 

 

 

やっぱり手作りが良いと思う

まず自分で作ったもののほうが絶対にいいです。
いや、自分はなんでもそう思っています。

 

パンだって今ではスーパーに行けば100円でいろいろ買える時代ですけど。
自分でパンを作ったほうが健康的に良いと思っています。

 

 

自分の考えでしかないんですけど。
外食で健康になるなんて思えないです。
でも自炊で健康になる可能性はあると思っています。

 

まぁ結局なにを食べるのかで決まるわけで、外食も自炊も関係ないように思いますけど。
外食店はやっぱり味がおいしくないとリピーターがこないわけで。
健康の点なんて考えていないと思います。

 

でも自炊なら、健康の点も考えていろいろ食べますよね。
そういう点でなんとなく自分で調理したもののほうが体に優しく感じますね。
味付けが濃すぎる人は論外ですけど。

 

 

市販のヨーグルトもたしかに質の高い乳酸菌を配合しているものも最近は多いです。
でもヨーグルトができてから、容器につめられて、スーパーに運ばれて、陳列されて客が購入するまでの時間を考えると…。
ヨーグルトや乳酸菌が劣化してしまっている可能性があります。

 

 

消費期限がそれほど長くないことからもわかるとおり、ヨーグルトは生物なんだよね。

 

時間がたつにつれて質が落ちていってしまうんだ。
乳酸菌もどんどん死菌になってしまうといわれているよ。


 

簡単にいえば、とれたての野菜と、スーパーに並ぶまで時間がかかった野菜では、とれたての野菜のほうがおいしいですし、味が濃いですし、栄養も豊富です。
なので自分はどんなにスーパーで野菜を購入していても、農家で新鮮な野菜を食べている人には健康の点では勝てないと思っています。

 

 

 

枝豆なんて、取れたてのものと冷凍の枝豆なんて、味に天と地の差ぐらいありますからね・・・。

 

まぁ農家をしている人は、体を曲げることが多いので…。
農家が盛んな地域は、歳をとると体がまがって歩いている高齢者が多い気がしますけど。

 

 

ヨーグルトはなまものなので、できたての生きた乳酸菌が配合された手作りヨーグルトなら、生きて乳酸菌が腸まで届き、よく働いてくれるでしょう。
そういう点で、自分で作るヨーグルトが効果が高いと考えています。

 

なので、ガッツあふれる人は

 

フジッコのカスピ海ヨーグルトの種菌を購入してヨーグルトを作る

 

のをおすすめします。

 

自分でヨーグルトを作って、それを早めに食べる。
それが健康的な乳酸菌の摂取の方法だと自分は思っています。

 

 

 

 

 

自分でヨーグルトを作ることは続かない

このカスピ海ヨーグルトの種菌は人気の製品ですから、興味がわく人も多いのではないでしょうか。
ただ、これはおそらくですが、多くの人は続かないと思います。

 

 

 

いや、まぁ、当然なんですよ。
スーパーにいけば150円ぐらい出せばヨーグルトが買えます。
今ではコンビニでだってヨーグルトが買える時代ですよ。

 

 

そんな時代になぜヨーグルトを毎回自分で作らないといけないんですか!
そりゃ、作るのは簡単です。

 

牛乳の中に種菌を入れて、それを1日一定温度で温めるだけ
でもそれさえもめんどくさいですよね。
だって、スーパーに行って牛乳を買うわけで、そこでヨーグルトを買えばすべて済む話なんですから!

 

 

パンだってそうです!
ホームベーカリーを買って、モチモチのパンが食べれますけど。

 

 

パンなんて、パン屋で1個150円もあれば買えます。
わざわざ小麦粉やらバターやら、そういうのの分量を計って、長時間かけてつくったりしないんですよ。

 

作った後の洗い物もめんどうですし。

 

 

ようはいくら健康にいい食べ物でも、結局理想でしかないってことは結構あります。
ヨーグルトが健康にいいって言われるのも
【続けやすいから】
だと思います。

 

今ではヨーグルトなんて、スーパーはもちろんコンビニでも安く買えますからねぇ。

 

 

 

 

 

カスピ海ヨーグルトの粘りの健康効果

自分でヨーグルトを作るのをやれるだけやってみるのもいいと思います。
短期間であっても、自分でヨーグルトを作るというのは、最初のうちは楽しいはずです。
自分で作ったヨーグルトを一度食べるのはいい経験(思い出)になると思います。

 

 

ただ自分でヨーグルトを作るというのは、いつか飽きたりめんどくさくなるので、そういう人には

  • 市販のカスピ海ヨーグルト
  • クレモリス菌FC株を配合した乳酸菌サプリメント

これらをおすすめします。

 

 

実はカスピ海ヨーグルトには、普通のヨーグルトにはないメリットがあって、それがカスピ海ヨーグルトの特徴でもある

 

とろみ(粘り成分)が健康にいい効果を発揮する

 

のです。
いろいろな食べ物をみても、納豆やら海藻のねばり(フコイダン)など、粘りのある食べ物は健康にいいとされていますが、カスピ海ヨーグルトの粘り成分も健康にいいとされています。

 

 

粘り成分が健康にいい理由は、粘り成分に豊富な栄養が含まれているからだとされているよ。


 

 

自分もよく納豆を食べますけど。
体の調子がイマイチなときは、納豆でさっと食事を済ましますね。

 

まぁなんか、納豆だとそんなに量を食べないから体に良いところもあると思いますけどね。
まさか納豆1パックでご飯3膳食べるのはさすがに無理でしょ。

 

 

話をもどして、粘りって健康に良い効果が期待できるわけです。
フジッコのほうでも、そんなことを言っています。

 

つまりフジッコのカスピ海ヨーグルトは

 

クレモリス菌FC株(乳酸菌)+とろみ(粘り成分)の2つの健康効果がある

 

わけです。
さらにカスピ海ヨーグルトを自分で作るとなると、ほぼ完璧かと思います。

 

もし乳酸菌の質にこだわりたい人は、フジッコのカスピ海ヨーグルトを試してみてはいかがでしょうか。

 

【カスピ海ヨーグルトの種菌について詳しいことはこちら】
カスピ海ヨーグルト

 

【カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を配合したサプリメントについてはこちら】
善玉菌のチカラがお得

 

【カスピ海ヨーグルトの種菌の口コミはこちら】
カスピ海ヨーグルト種菌口コミ

 

 

カスピ海ヨーグルトの種菌の口コミは沢山あるし評判もいいね。

 

カスピ海ヨーグルトを食べ始めてから、便秘知らずだという人も多いよ。


 

カスピ海ヨーグルトの種菌の口コミの満足度も高いですね。
自分も手作りヨーグルトを試したきっかけは、ネットでいい話題が沢山合ったからなんです。

 

 

でも注意してほしいのは、多くサイトは

 

手作りヨーグルトのメリットばかりを記述している

 

ということです。
デメリットについては、まったく記述していないサイトが多いです。

 

やつらは、手作りヨーグルトをおすすめしていますが、おそらく断続して作り続けてはいないはずです。
そもそも乳酸菌やヨーグルトの効果を紹介している人たちの中で、乳酸菌摂取を続けている人がどのぐらいいるんだか…。

 

 

手作りヨーグルトのメリットを語るサイトは多いんですが、手作りヨーグルトのデメリットを語る人は少ないです。

 

実際手作りヨーグルトのよさを語っているサイトの管理人も、続けて作り続けているのかはわからないですよね。


 

自分も手作りヨーグルトをいろいろ試したことがありますが、ある程度までは続くのですが、1ヶ月ぐらいでやめますね。
むしろ手作りヨーグルトを1ヶ月も続けられたら、むしろすごい気がしますけど。

 

 

自分はヨーグルトを毎日食べ続けて4年ぐらいたちます。
でも「手作りヨーグルトを続けろ」といわれたら、たぶんギブアップすると思います。

 

 

男だからかもしれませんが、やっぱりいくら簡単にヨーグルトを作れたとしても、ヨーグルトを作るのを断続するというのはめんどくさいです。
スーパーにいけば、150円ぐらいでヨーグルトが売っているわけですからね。

 

たしかに自分で作るヨーグルトと比べれば、スーパーで売られているヨーグルトは質は落ちると思います。
先ほども述べたとおり時間が経過していますから、生きた乳酸菌も死菌となって数が減っているかと思います。

 

 

どんなに市販のヨーグルトに配合されている乳酸菌をメーカー側が効果をアピールしていても、それは結局
【メーカーが乳酸菌について研究や実験をしただけ】
であって、研究や実験をすることで乳酸菌の効果がアップするわけではありません。

 

たとえば、体育の時間で100m走のタイムを計って、意外な人が1位だったとしても。
その人は元から走るスピードが速かったわけであって、タイムを測定してさらにパワーアップしたわけではないですよね。

 

 

乳酸菌の研究や実験は、単なる真実を明らかにしただけであって。
逆にいえば、他の乳酸菌は真実が明らかになっていないだけかもしれません。
普通の乳酸菌とされている乳酸菌でも実験や研究をすれば、優れた効果が見つかる可能性が十分あるわけですね。

 

なのでやっぱり新鮮な乳酸菌に勝るものはないと自分は思っています。
そりゃそうでしょ!

 

いくら体力に自信にある40代でも、20代の若者には勝てないでしょ。
たぶん。
???
あれ?40代が勝っちゃう可能性あるのでは?

 

でも一般的には若い方が強いですよね!!
菌も生き物なの!!

 

 

でも、人間やっぱり自分で作るというのはいろいろ手間がかかるんですよね。
なので手作りヨーグルトを続けられる人はそう多くないと思います。

 

手作りヨーグルトは新鮮なヨーグルト(乳酸菌)が食べれるという一方で。
雑菌が入ってしまうと、安全面で危険というデメリットもありますし。

 

 

手作りヨーグルトが安いという人がいますけど、当然ながら牛乳を確保しておかないといけないです。
ヨーグルトを作るために牛乳を買いにスーパーに行く必要があります。
「ヨーグルトを作るために牛乳を買いに行くのなら、そこでヨーグルトを買えばいいじゃん!」
って思いましたね。

 

牛乳も結構なお値段しますし。
手作りヨーグルトが安いといっても、その差は微々たる差だと自分は思っています。

 

 

だから多くの人は手作りヨーグルトがめんどくさくなって

 

スーパーで売られているヨーグルトで妥協

 

するわけです。
スーパーで売られているヨーグルトだって、健康にいいことは確かです。

 

でも、本当に乳酸菌の質にこだわり健康になりたいのなら、自分で作ったヨーグルトこそが一番だと思っています。
健康というものは、やっぱり楽しては手に入れれないのかもしれません。
市販のヨーグルトを食べることでさえ、続けられない人も多いですから。


【目次】

【便秘効果乳酸菌】
乳酸菌シロタ株ラブレ菌BE80菌LB81乳酸菌BB536乳酸菌ガセリ菌SP株BifiX(ビフィックス)NY1301株

【花粉症効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌フェカリス菌K-2菌

【アトピー効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌LKM512乳酸菌K-2菌クレモリス菌FC株

【インフルエンザ効果乳酸菌】
1073R-1乳酸菌プロテクト乳酸菌乳酸菌シロタ株ラブレ菌プラズマ乳酸菌

【ピロリ菌効果乳酸菌】
LG21乳酸菌ビフィズス菌BF-1

【ストレス(不眠症)効果乳酸菌】
プレミアガセリ菌CP2305SBL88乳酸菌

 

【便秘の人におすすめしたい製品】
ヤクルトヤクルト400カゴメラブレダノンビオ明治ブルガリアヨーグルトメグミルク恵ヨーグルトビフィックス1000ピルクル

【花粉症の人におすすめしたい製品】
守る働く乳酸菌L-92ノアレオハヨーのむヨーグルトセブンイレブンのむヨーグルト

【アトピーの人におすすめしたい製品】
クレモリス菌FC株守る働く乳酸菌L-92ノアレアレルケアおなかへGG!朝のYoo

【インフルエンザ予防の目的におすすめしたい製品】
R-1ヨーグルトプロディアまもるチカラのみず守る働く乳酸菌L-92

【ピロリ菌対策におすすめしたい製品】
LG21ヨーグルト

【ストレス対策におすすめしたい製品】
届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌SBL88からだにぜいたくヨーグルト