ガセリ菌はおなかの中で止まる

ガセリ菌はおなかの中で止まる特徴がある乳酸菌

ガセリ菌の特徴として

 

おなかの中で止まりやすい乳酸菌

 

というものがあります。

 

 

乳酸菌が生きて腸まで届くことによって、善玉菌が増えるわけですが
乳酸菌が簡単に死菌になったり、便と一緒に簡単に排出されてしまっては
高い効果はあまり期待できません。

 

ガセリ菌はおなかで止まりやすい乳酸菌ということで

 

7日間ガセリ菌を摂取した人は90日後の便からもガセリ菌が検出された

 

という研究結果がでています。

 

ただ、乳酸菌が長くおなかの中で止まっているからといって
乳酸菌の摂取をやめてもいいというわけではない
です。

 

乳酸菌は日々断続することで、より効果が期待できるわけで
ガセリ菌が長くおなかの中で止まるという特徴を
魅力的に感じるのかどうかは、人それぞれな気がしますね。

 

毎日ヨーグルトを食べている人からしたら
乳酸菌を腸に毎日送っているわけですから。

 

【ガセリ菌関連記事はこちら】
ガセリ菌SP株の効果

 

菌がおなかの中に長く止まろうと、ヨーグルトは断続して食べるのが大事です。
乳酸菌の摂取に無駄はありません。

 

自分は乳酸菌の量ではなく、回数を多く摂取するのが重要だと思っています。

 

 

ガセリ菌の効果でうんちやおならのにおいが弱まる

ガセリ菌を摂取している間は

 

便の色やにおいも改善された

 

とのことです。
おならも臭くなくなります。

 

ガセリ菌に限らず乳酸菌がおなかの中にいることによって
腸内環境がよくなるわけですから、ガセリ菌が長くおなかに止まってくれるのなら
それだけ腸内環境がよくなる期待もできますよね。

 

他の乳酸菌はどんな感じなんでしょうかね?
簡単におなかをとおりすぎて、便としてでてきてしまうのでしょうか。

 

乳酸菌が胃酸によって死菌になるというのは有名ですが
乳酸菌がどのぐらいおなかの中に止まるのかというのは
多くの人が知らないのではないでしょうか。
他の乳酸菌も調べたら、長くおなかに止まっている特徴の乳酸菌があるかもしれません。

 

 

ただうんちやおならが臭くなくなるというのは、そんなにうれしいことでしょうか?
いや、臭いよりは臭くないほうがうれしいでしょうけど。

 

文字にすると
「へー、そんな効果があるのかぁ」
と魅力的に感じますが、冷静に考えると

 

別にうんちやおならを他の人に嗅がせるわけでもないしなぁ

 

と自分は思ったりするんですけど。

 

 

あぁ、でも家族にうんちをした後に、トイレに入られて
「くさい!」
って言われると、イラっとしますよね。

 

いや、自分も子供の頃は、そんなことを言っていましたけど。
うわー、子供の頃の自分はうざかったわー!!


【目次】

【便秘効果乳酸菌】
乳酸菌シロタ株ラブレ菌BE80菌LB81乳酸菌BB536乳酸菌ガセリ菌SP株BifiX(ビフィックス)NY1301株

【花粉症効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌フェカリス菌K-2菌

【アトピー効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌LKM512乳酸菌K-2菌クレモリス菌FC株

【インフルエンザ効果乳酸菌】
1073R-1乳酸菌プロテクト乳酸菌乳酸菌シロタ株ラブレ菌プラズマ乳酸菌

【ピロリ菌効果乳酸菌】
LG21乳酸菌ビフィズス菌BF-1

【ストレス(不眠症)効果乳酸菌】
プレミアガセリ菌CP2305SBL88乳酸菌

 

【便秘の人におすすめしたい製品】
ヤクルトヤクルト400カゴメラブレダノンビオ明治ブルガリアヨーグルトメグミルク恵ヨーグルトビフィックス1000ピルクル

【花粉症の人におすすめしたい製品】
守る働く乳酸菌L-92ノアレオハヨーのむヨーグルトセブンイレブンのむヨーグルト

【アトピーの人におすすめしたい製品】
クレモリス菌FC株守る働く乳酸菌L-92ノアレアレルケアおなかへGG!朝のYoo

【インフルエンザ予防の目的におすすめしたい製品】
R-1ヨーグルトプロディアまもるチカラのみず守る働く乳酸菌L-92

【ピロリ菌対策におすすめしたい製品】
LG21ヨーグルト

【ストレス対策におすすめしたい製品】
届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌SBL88からだにぜいたくヨーグルト

おなかで止まるガセリ菌関連ページ

向井理のヨーグルトのCMでおなじみのガセリ菌
2013年4月現在、向井理が恵ヨーグルトのCMでガセリとよく言っているので、ガセリ菌SPがきになっている人も多いと思います。
インフルエンザ予防に効果があるガセリ菌SP株
ガセリ菌SP株の効果としてインフルエンザ予防効果があります。
ガセリ菌SP株を摂取したインフルエンザ感染マウスの生存率が向上
ガセリ菌SP株を摂取したインフルエンザ感染マウスの生存率が向上したという研究結果がでています。