向井理とガセリ菌

向井理のCMでおなじみのガセリ菌

メグミルクの恵のヨーグルトのCMに

 

向井理

 

さんが起用されていました。

 

 

【向井理 メグミルク動画はこちら】

 

 

このCMでガセリ菌について興味を持った人も多いかとおもいます。

 

実際ガセリ菌といっても、これはメグミルクが選び抜いた乳酸菌ということで
考え方としては、ヤクルトのシロタ株みたいなものと変わらないと思います。

 

もちろん、ガセリ菌もシロタ株も普通の乳酸菌より胃酸に強いので
摂取していい効果が期待できるところはあるでしょう。

 

そういう点で

 

名前がちょっと普通の乳酸菌と比べると変わっているので気になるが
ガセリ菌は基本、一般の乳酸菌より質の高い乳酸菌

 

と言っていいと思います。

 

難しいことをいっても、わからない人が多いと思います。
そもそも乳酸菌に強い弱いがあること自体知らない人も多いと思います。

 

話すと長くなるので、CMでも「ガセリ菌ガセリ菌」と言っているのだと思います。
向井理さんに「ガセリ菌ガセリ菌」なんて何回も言われたら気になっちゃいますよね。

 

【メグミルク恵ヨーグルト紹介記事はこちら】
ビフィズス菌SP株はメグミルクの恵に配合されています

 

実際深く調べてもいいと思いますが、深くガセリ菌について調べたところで
ガセリ菌はガセリ菌に変わりはないので
一般の乳酸菌より強い乳酸菌とか
向井理のCMで注目を集めている乳酸菌とか
ガセリ菌SPのことは、そんな感じで覚えておいていいと思います。

 

 

ガセリ菌が特別なんじゃない!人気な乳酸菌がガセリ菌!

日本人を船から海に飛び込ませるために有効なセリフは

 

「みなさん(海に)飛び込んでいますよ」

 

だそうです。

 

これはなんとなくわかります。
小学校のときでも、みんなが手をあげると、それにつられて手をあげた経験がある人は多いのではないでしょうか。

 

 

ガセリ菌SP株は効果が高いから人気というところもあると思います。
ですがそれ以上に

テレビCMで向井理さんに「ガセリ、ガセリ」なんて言われて、注目を集めた

これが大きかったと思います。

 

ガセリ菌は注目を集めている乳酸菌だから人気というわけですね。
好循環とでもいえばいいでしょうか。

 

 

乳酸菌の効果なんていうものは、人との相性で決まるとされています。

 

それなら、多くの人が摂取している乳酸菌から先に摂取しようと思いますよね。

 

 

みていてください。
今度違う乳酸菌が話題になったのなら、その乳酸菌が人気になりますから!

 

最近は向井理さんの結婚もあってか、ガセリ菌のCMをあまりみなくなったので、今が他メーカーはチャンスなんですけどねぇ。


【目次】

【便秘効果乳酸菌】
乳酸菌シロタ株ラブレ菌BE80菌LB81乳酸菌BB536乳酸菌ガセリ菌SP株BifiX(ビフィックス)NY1301株

【花粉症効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌フェカリス菌K-2菌

【アトピー効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌LKM512乳酸菌K-2菌クレモリス菌FC株

【インフルエンザ効果乳酸菌】
1073R-1乳酸菌プロテクト乳酸菌乳酸菌シロタ株ラブレ菌プラズマ乳酸菌

【ピロリ菌効果乳酸菌】
LG21乳酸菌ビフィズス菌BF-1

【ストレス(不眠症)効果乳酸菌】
プレミアガセリ菌CP2305SBL88乳酸菌

 

【便秘の人におすすめしたい製品】
ヤクルトヤクルト400カゴメラブレダノンビオ明治ブルガリアヨーグルトメグミルク恵ヨーグルトビフィックス1000ピルクル

【花粉症の人におすすめしたい製品】
守る働く乳酸菌L-92ノアレオハヨーのむヨーグルトセブンイレブンのむヨーグルト

【アトピーの人におすすめしたい製品】
クレモリス菌FC株守る働く乳酸菌L-92ノアレアレルケアおなかへGG!朝のYoo

【インフルエンザ予防の目的におすすめしたい製品】
R-1ヨーグルトプロディアまもるチカラのみず守る働く乳酸菌L-92

【ピロリ菌対策におすすめしたい製品】
LG21ヨーグルト

【ストレス対策におすすめしたい製品】
届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌SBL88からだにぜいたくヨーグルト

向井理のヨーグルトのCMでおなじみのガセリ菌関連ページ

インフルエンザ予防に効果があるガセリ菌SP株
ガセリ菌SP株の効果としてインフルエンザ予防効果があります。
おなかで止まるガセリ菌
ガセリ菌はおなかの中で止まる特徴がある乳酸菌です。
ガセリ菌SP株を摂取したインフルエンザ感染マウスの生存率が向上
ガセリ菌SP株を摂取したインフルエンザ感染マウスの生存率が向上したという研究結果がでています。