プラズマ乳酸菌とインフルエンザ

プラズマ乳酸菌はインフルエンザに効果がある!実験結果をみる!

プラズマ乳酸菌の効果として

 

インフルエンザにかかる頻度が低減

 

というものがあります。

 

 

マウスの実験として致死量のインフルエンザウイルスに感染させたマウスに
プラズマ乳酸菌を摂取させたところ、マウスの7割は生き残った
という結果がでています。

 

人への実験としては30歳から59歳までの健康な男女213名に対して
プラズマ乳酸菌が入っていない飲み物を飲ませたグループでは14人が風邪にかかり
プラズマ乳酸菌を含んだ飲み物を飲ませていたグループは7人だけでした。
プラズマ乳酸菌を含んだ飲み物を飲んでいたグループは
プラズマ乳酸菌を摂取しなかったグループで風邪をひいた人数の
半分の人しか風邪をひかなかった
結果がでたということになります。

 

ただこの人のプラズマ乳酸菌摂取結果からもわかると思いますが
プラズマ乳酸菌を摂取していても、風邪をひく人はひきます。
またプラズマ乳酸菌を摂取していなくても、風邪をひかなかった人も大勢います。

 

大事なことは、風邪をひかないように意識して生活をすることでしょう。
プラズマ乳酸菌の摂取もいいと思いますが、それだけでは限界があるでしょうし
プラズマ乳酸菌を摂取していれば、確実に風邪をひかないということではありません。

 

インフルエンザに対しても、プラズマ乳酸菌の摂取というのは
インフルエンザにかかる可能性を低くする可能性があるというわけで
確実にインフルエンザを予防できるというわけではないので注意です。

 

 

プラズマ乳酸菌は対ウイルス免疫に対する
pDCを活性化させる効果があるとされています。

 

プラズマ乳酸菌の効果は体の中のpDCを活性化させることにより
風邪やインフルエンザから守る効果を発揮するといえるわけです。


【目次】

【便秘効果乳酸菌】
乳酸菌シロタ株ラブレ菌BE80菌LB81乳酸菌BB536乳酸菌ガセリ菌SP株BifiX(ビフィックス)NY1301株

【花粉症効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌フェカリス菌K-2菌

【アトピー効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌LKM512乳酸菌K-2菌クレモリス菌FC株

【インフルエンザ効果乳酸菌】
1073R-1乳酸菌プロテクト乳酸菌乳酸菌シロタ株ラブレ菌プラズマ乳酸菌

【ピロリ菌効果乳酸菌】
LG21乳酸菌ビフィズス菌BF-1

【ストレス(不眠症)効果乳酸菌】
プレミアガセリ菌CP2305SBL88乳酸菌

 

【便秘の人におすすめしたい製品】
ヤクルトヤクルト400カゴメラブレダノンビオ明治ブルガリアヨーグルトメグミルク恵ヨーグルトビフィックス1000ピルクル

【花粉症の人におすすめしたい製品】
守る働く乳酸菌L-92ノアレオハヨーのむヨーグルトセブンイレブンのむヨーグルト

【アトピーの人におすすめしたい製品】
クレモリス菌FC株守る働く乳酸菌L-92ノアレアレルケアおなかへGG!朝のYoo

【インフルエンザ予防の目的におすすめしたい製品】
R-1ヨーグルトプロディアまもるチカラのみず守る働く乳酸菌L-92

【ピロリ菌対策におすすめしたい製品】
LG21ヨーグルト

【ストレス対策におすすめしたい製品】
届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌SBL88からだにぜいたくヨーグルト

プラズマ乳酸菌のインフルエンザへの実験結果関連ページ

プラズマ乳酸菌は免疫力を高めて風邪をひきにくくなる
プラズマ乳酸菌の効果として、免疫力を高める効果があります。これによって風邪をひきにくくなることが期待できます。
プラズマ乳酸菌の摂取でインフルエンザ疾患率が下がった
プラズマ乳酸菌を摂取することで、インフルエンザの疾患率が下がったという調査結果がでています。