乳酸菌の便秘予防効果が高い種類

便秘予防効果がある乳酸菌を紹介します

乳酸菌の便秘予防効果というのは乳酸菌を摂取することで、善玉菌を増やします。
その結果悪玉菌が減り、腸内環境を整えることができます。

 

 

腸内環境が悪いから便秘になっている人は、乳酸菌で腸内環境をよくすることで。
便秘が改善する可能性を高めることができるわけですね。

 

 

人間の腸内には

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

この3種類があって、善玉菌と悪玉菌。
この2つのうち多いほうに日和見菌は変化する特徴があります。

 

 

乳酸菌は善玉菌です。
プロバイオティクスなんていわれますね。

 

乳酸菌は良い菌で善玉菌を増やす効果があります。
その結果、日和見菌が善玉菌に味方して、その結果悪玉菌の減少にもつながるわけです。

 

そんな感じで乳酸菌は腸内環境を整え、便秘改善や便秘予防につながります。

 

 

 

 

 

女性は腸が長く細い

女性は腸が長く、便が排出しにくいので便秘になりやすい傾向があります。
女性で乳酸菌の便秘予防効果を期待している人は多いです。

 

 

男性は逆に腸が短いとされていて、男性は便秘よりストレスなどによる下痢や軟便に弱い人が多いです。
これは他にも体のつくりにも関係しているとされていますね。

 

 

たとえば女性は肉付きがいいので、体があたたかい。
なのでおなかが冷えにくく腸の状態が良いので、吸収がよく腐敗物(うんち)が硬い(から便秘になりやすい)。

 

一方の男性は肉付きが悪いので、体がさむい。
なのでおなかが冷えやすく腸の状態が悪くなりやすいので、下痢や軟便になりやすいってわけです。

 

 

まぁたしかなことはわかりませんけど。
女性のほうが便秘になりやすいんですよね。

 

だからか、乳酸菌を配合した製品って女性に人気です。
便秘には乳酸菌ってわけでもないんですけどね。
なぜなら、下痢や軟便でも乳酸菌で改善できるわけですから…。

 

だから女性が乳酸菌を配合した製品を好んでいるのは、メーカーが女性をターゲットにしているから。
女性が興味を持っているだけな気がしないでもない。

 

 

でも女性は便秘を改善したいという人が多いので。
乳酸菌の便秘効果に期待している人が多いです。

 

男性はあまり気にしないのかもしれませんね。
下痢や軟便でも
「トイレにいけばいいや」
ぐらいに考えているのかもしれません。
でも便秘だと、腹の張りなどの違和感がありますから。

 

いや、下痢や軟便だとトイレの回数が多くなってしまうんですけどね。
むしろ自分は下痢や軟便のほうが、便秘より改善しないと健康の点では危険だと思っています。
まぁ男性は単純に健康意識が低いだけかもしれません。

 

 

便秘改善効果は乳酸菌のもっとも代表的な効果だと言えます。
普通のヨーグルトや乳酸菌配合飲料でも、乳酸菌が配合されていれば便秘が改善するイメージがあります。

 

なので便秘効果が高い乳酸菌でなくても。
どんな乳酸菌でも、便秘によさそうなイメージがありますね。

 

 

 

 

 

便秘予防効果が高い乳酸菌紹介

この便秘予防効果が特に強い乳酸菌を紹介します。

 

 

特に便通をよくする効果が有名な乳酸菌としては

  • ラブレ菌
  • BE80

この2つが知名度が高いように感じます。
ヤクルトの乳酸菌シロタ株も定番ですね。

 

 

 

 

ラブレ(ラブレ菌)やBIO(BE80)といった乳製品はテレビCMでもおなじみです。
知っている人も多いと思います。

 

カゴメラブレやBIOはテレビCMをみても、女性をターゲットにしているのを感じます。
便秘に悩む女性に魅力的にうつる製品だと思いますね。

 

 

自分も便秘で悩んだときは、BE80菌を配合したビオを断続して、便秘がかなり改善されました。
自分的にはBE80菌がおすすめです。

 

 

 

まずはなんでもいいからヨーグルトを食べよう

便秘改善効果が高い乳酸菌を摂取するのもいいと思いますが。

 

基本ほとんどのヨーグルトに便秘を改善させる効果は期待できると思います。
ここに書かなかった乳酸菌でも、便通をよくする効果は期待できるものです。

 

腸内環境を整えて、便通をよくする効果というのは乳酸菌の代表的な効果です。
おなかの調子が気になったのなら、乳酸菌の質を考えるより
「まずはなんでもいいからヨーグルトを食べてみる」
これが大事かもしれませんね。

 

 

便秘を改善するためには、時間をかけて腸内環境を整える必要があります。
そして、乳酸菌を摂取してプラスの影響を増やす一方で、腸内環境が乱れるようなマイナスの影響を減らす必要があります。

 

どんなに質の良い便秘対策に効果的な乳酸菌を1日や2日、短期間だけ摂取しても腸内環境を改善する効果は実感しにくいと思います。
摂取しにくい乳酸菌を摂取するよりは、なんでもいいからヨーグルトを食べることをまずは続けるべきです。

 

 

ただ、こういった製品の口コミをみていると、乳酸菌を摂取した次の日には便通が良くなっている人もいます。
人と乳酸菌との相性のところもあるのだと思います。

 

 

ただ便秘の原因って腸内環境が悪いだけがすべてではないです。
便秘ということは、うんちは硬い便が出ると思います。
それは腸が正常に働いている可能性が高いんですよね。

 

腸内環境が悪いと、むしろ下痢や軟便になりやすいと思います。
なので、便秘の人は水分が足りないというか…。
腸が健康すぎる可能性もあるような気がしますね。

 

女性はどうしても体質的に便秘になりやすいところがあるのだと思いますね。

 

 

 

 

 

便秘の原因は腸とは限らない

乳酸菌で便秘があーだこーだ言われていますけど。

 

便秘の原因が腸にあるというわけではなく。
腸以外にも便秘の原因ってあるので…。
いくら腸内環境を整えようとしても、便秘が改善しない可能性もあります。

 

 

自分も便秘になった時は。
運動をしたり、朝ご飯を食べることで、かなりよくなりました。

 

そもそもうんちって、大人になると
「うんちをしたくなったらすればいい」
って感じですけど。

 

 

自分が子供のころは、学校でうんちをするのが恥ずかしいので。
家で朝ご飯を食べた後、かならずうんちをしていました。

 

そしてそのタイミングだと、なぜか出るんですよね。

 

 

だから
「なかなかうんちがでない」
とかいう人は、便意がきてからあーだこーだだからダメなのかも。

 

普通うんちなんていうものは
「したくなったらするもの」
って考えていますけど。

 

 

そうじゃないんですよ。
本気でうんちをしたいのなら
【時間を決めてうんちをするようにする】
と、習慣になってうんちがでやすいかもしれません。

 

 

人間って癖がつくので。
トイレもよく言っていると、トイレに行きたくなるんですよ。

 

だから頻尿でトイレに何回も言っている人は。
よりトイレが近くなって悪循環になってしまうわけです。

 

 

便秘の人は、なかなかうんちがでなかったり。
あまり便意がこなかったりで、うんちをする習慣が少なくなって。
その結果、厳しい便秘に悩まされるのかもしれません。

 

 

乳酸菌で便秘対策するのもいいですが。
日ごろから運動したり、朝ご飯を抜いているのなら早起きして食べてみるのもいいと思います。


【目次】

【便秘効果乳酸菌】
乳酸菌シロタ株ラブレ菌BE80菌LB81乳酸菌BB536乳酸菌ガセリ菌SP株BifiX(ビフィックス)NY1301株

【花粉症効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌フェカリス菌K-2菌

【アトピー効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌LKM512乳酸菌K-2菌クレモリス菌FC株

【インフルエンザ効果乳酸菌】
1073R-1乳酸菌プロテクト乳酸菌乳酸菌シロタ株ラブレ菌プラズマ乳酸菌

【ピロリ菌効果乳酸菌】
LG21乳酸菌ビフィズス菌BF-1

【ストレス(不眠症)効果乳酸菌】
プレミアガセリ菌CP2305SBL88乳酸菌

 

【便秘の人におすすめしたい製品】
ヤクルトヤクルト400カゴメラブレダノンビオ明治ブルガリアヨーグルトメグミルク恵ヨーグルトビフィックス1000ピルクル

【花粉症の人におすすめしたい製品】
守る働く乳酸菌L-92ノアレオハヨーのむヨーグルトセブンイレブンのむヨーグルト

【アトピーの人におすすめしたい製品】
クレモリス菌FC株守る働く乳酸菌L-92ノアレアレルケアおなかへGG!朝のYoo

【インフルエンザ予防の目的におすすめしたい製品】
R-1ヨーグルトプロディアまもるチカラのみず守る働く乳酸菌L-92

【ピロリ菌対策におすすめしたい製品】
LG21ヨーグルト

【ストレス対策におすすめしたい製品】
届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌SBL88からだにぜいたくヨーグルト