アトピー対策の効果が高い乳酸菌の種類

アトピー対策として効果が高いとされている乳酸菌を紹介します

 

乳酸菌の種類によっては、アトピーに有効な乳酸菌があるとされています。

 

 

アトピーの原因はいろいろあるとされています。
アトピーの基本は

 

体の免疫バランスが崩れてでる症状

 

だとされています。

 

アトピーは皮膚に症状が出ますけど。
それは体の中の異常によってです。
なので、皮膚をなにも傷つけていないのに、いきなりアトピー状態の皮膚になったりします。

 

アトピーは皮膚に症状がでるので、たまに美肌対策をアトピー対策としておすすめする人がいますけど。
ちょっとずれていると思います。
アトピーを根本的によくするためには、体の中の異常をどうにかしないといけません。

 

 

ただ、アトピー箇所をかきむしっていてはアトピーは良くならないです。
そのために、体の外からアトピーかきむしり対策として、保湿製品などを使うのは無駄ではないです。

 

 

アトピーって体の異常なわけで、その異常をどうにかするために免疫力が働いていて。
その免疫力が過敏になってしまっているから、皮膚などに影響がでているわけです。

 

乳酸菌派その免疫力の過敏な反応を抑えることができるとされています。
専門的な言葉でいうとTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える効果があるなんて言われていますね。

 

 

 

 

 

乳酸菌で体の異常を正常に

乳酸菌はアトピーに効果があるというよりも
乳酸菌は体の免疫バランスを整える効果がある
わけです。

 

またアトピーという症状は、腸が弱っているからでる症状だともいわれています。
乳酸菌は腸を健康にさせる効果がありますからそういう点でもアトピーに有効だといえるでしょう。

 

 

ただ人それぞれ、アトピーの原因がわからないので…。
遺伝の影響でアトピーだったり、本人も気づかないところで皮膚に刺激を与えていて治らなかったりすることもありますから。

 

乳酸菌の効果でアトピーがよくなるって人は、そんなに多くないと思います。
ただ乳酸菌は健康に良いものですから、アトピーに効果がなかったとしても、アトピーに良いことをしたと思えば無駄ではないです。

 

アトピーを治す方法というのは
【健康に良いことの積み重ね】
だと自分は思っています。
その結果、体の中の異常がなくなるわけですね。

 

 

乳酸菌の摂取だけで、異常が正常化されるのなら苦労はないです。
乳酸菌の摂取だけで、アトピーがよくなる可能性は低いと思ったほうがいいです。

 

むしろ乳酸菌の摂取だけでアトピーが治るのなら、そのアトピーはかなり軽度なアトピーな気がします。
乳酸菌を摂取しなくても、私生活を正せばすぐに治るようなものかと…。

 

重度のアトピーになると
【乳酸菌+私生活の改善】
こんな感じにならないと無理だと思います。

 

冷静に考えれば、乳酸菌を摂取していても、毎日フライドチキンを食べていたら腸内環境は悪化していくのは当然です。

 

 

昔はアトピーに対する知識が少なすぎたので、ちんぷんかんぷんなアトピー対策が蔓延していました。
昔の医者はどうもとにかく皮膚に対する対応に重視しすぎていた気がします。
体をラップでぐるぐる巻きにするとか、よくわからないアトピー対策が普通に医者が書いた本に載っていました。

 

 

でも今ではネットの影響もあり、知識を得ることができるので。
基本アトピー対策の基本は、食事から改善するっていうのが多いですね。

 

それは正しいと思います。
人間体は食べたものでできているわけですからねぇ…。
どんなに高いアトピーグッズを買うより、普段の食事を見直したほうが何倍も効果が高いと思います。

 

 

 

 

 

アトピーに効果が高い乳酸菌の種類

アトピー対策として、特に効果が期待できる乳酸菌を紹介します。

 

 

特にアトピー対策として有名な乳酸菌としては

  • L-92乳酸菌
  • LGG乳酸菌

この2つが有名だと思います。

 

 

 

L-92乳酸菌は、4歳から15歳のアトピーの人を対象とした研究結果で
L-92乳酸菌を断続して摂取させたら、90%の人に効果がでたとされています。

 

 

 

 

LGG乳酸菌は、妊娠中の女性にLGG乳酸菌を摂取させると生まれてくる子供がアトピーを発症する確率が減少したと発表されています。
ただどちらも断続して乳酸菌を摂取しての効果ですしすべての人に効果がでたというわけでもありません。

 

アトピーを改善させるというよりも、体を健康にさせることを考えて乳酸菌を摂取するといいと思います。
アトピーという症状は、不規則な生活をやめて規則正しい生活をすれば、自然と治る症状だともされています。

 

乳酸菌摂取だけではなく、普段からの食事にも気を使うと、よりアトピーを治せる可能性が高まるでしょうね。

 

 

アトピーというのはなにもしなくても、普通の生活をしていれば自然治癒力によって治っていくものです。
でも、かきむしってもいないのにアトピーが悪化する人もいます。

 

そういう人は、なにかが悪い原因があるはずで。
それを見つけないことには、アトピーをよくするのは難しいです。

 

 

結構単純なものだったりするんですよね。
飲み物に氷を入れているのが悪かったり。
服がすれていたりするのが悪かったり。

 

 

まったく検討もつかない人は、アトピー箇所にガーゼでも貼って様子を見るだけでも変わってくると思います。
ガーゼでアトピー箇所の擦れを防止して、状態がよくなっていくことって多いですよ。
本人はかきむしっていないつもりでも、アトピー箇所に刺激になっている人って多いと思いますよ。

 

自分も足にアトピーがありましたけど、家で靴下を履くようにしたらみるみるよくなりましたからね。

 

 

 

アトピーってちょっとしたことが原因で悪化するので。
逆にいえば、ちょっとしたことでみるみるよくなっていくものですよ。

 

なので
「なぜアトピーがよくならないのか?」
アトピーの原因を見つけることができれば、改善しやすいんですけどねぇ。

 

 

 

 

 

乳酸菌とアトピーの関係

乳酸菌は免疫バランスを整えるとかそういうことも言われていますけど。
それも結局腸内環境が整うことの結果だとすれば。

 

アトピーに大事なことは
【腸内環境を整える】
ってことになります。
体の中からどうにかしろってことですね。

 

 

アトピーって皮膚にでる症状なので、体の外の対策に力を入れる人が多いです。
スキンケア製品をいろいろ試したりする人って多いですよね。

 

乳酸菌でのアトピー対策っていうのは、体の中からの対策であって。
アトピーは体の中の異常ででる症状なら、その方向性は間違っていないと思います。

 

 

ただ、体の外からのスキンケアは即効性があるのに対して。
乳酸菌で腸内環境を整えるというのは、時間がかかるものかと。

 

そして乳酸菌だけでは限界があります。

 

 

普段の食事や私生活から見直していかないと。
腸が健康になることはありえないです。

 

 

なので、乳酸菌をとるというのは
【+α】
ぐらいに考えるべきで、それをメインに考えるのは厳しいというのが自分の感想です。

 

乳酸菌をとって、満足するぐらいなら。
しっかり睡眠時間をとったほうが、何倍もアトピーに有効だと思っています。

 


【目次】

【便秘効果乳酸菌】
乳酸菌シロタ株ラブレ菌BE80菌LB81乳酸菌BB536乳酸菌ガセリ菌SP株BifiX(ビフィックス)NY1301株

【花粉症効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌フェカリス菌K-2菌

【アトピー効果乳酸菌】
L-92乳酸菌KW乳酸菌LGG乳酸菌BB536乳酸菌L-55乳酸菌LKM512乳酸菌K-2菌クレモリス菌FC株

【インフルエンザ効果乳酸菌】
1073R-1乳酸菌プロテクト乳酸菌乳酸菌シロタ株ラブレ菌プラズマ乳酸菌

【ピロリ菌効果乳酸菌】
LG21乳酸菌ビフィズス菌BF-1

【ストレス(不眠症)効果乳酸菌】
プレミアガセリ菌CP2305SBL88乳酸菌

 

【便秘の人におすすめしたい製品】
ヤクルトヤクルト400カゴメラブレダノンビオ明治ブルガリアヨーグルトメグミルク恵ヨーグルトビフィックス1000ピルクル

【花粉症の人におすすめしたい製品】
守る働く乳酸菌L-92ノアレオハヨーのむヨーグルトセブンイレブンのむヨーグルト

【アトピーの人におすすめしたい製品】
クレモリス菌FC株守る働く乳酸菌L-92ノアレアレルケアおなかへGG!朝のYoo

【インフルエンザ予防の目的におすすめしたい製品】
R-1ヨーグルトプロディアまもるチカラのみず守る働く乳酸菌L-92

【ピロリ菌対策におすすめしたい製品】
LG21ヨーグルト

【ストレス対策におすすめしたい製品】
届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌SBL88からだにぜいたくヨーグルト